LifeTouch NOTEと2画面シリーズ

京セラが2画面のAndroid携帯を発表して話題になりましたが、MWCの富士通とNECブースにも2画面のデバイスが展示してありましたので紹介します。

NECのデュアルディスプレーで折り畳めるLT-W Cloud Communicatorですが、すでにCESで発表されており、ご存知の方も多いと思います。左右で別の情報を表示できることは面白いとは思いますし、画面が物理的に2倍になるのはいいですよね。ただ、中央に線が入るので大画面としては使えませんね。実はこれ、静電容量ではないので多くの見学者が苦労して操作されていて、この時点ですでにコンシューマー向けではないとわかります。

また、LifeTouch NOTEが展示してありましたが、プリインストールされているはずの「ATOK for LifeTouch NOTE」は見当たらずちょっとしょんぼり。またTegra250な高速動作を期待しましたが、例えばゲームなどのグラフィック系アプリもインストールされておらず、なんとも評価できませんでした。
こちらも感圧式で当然マルチタッチには対応していません。キーボードがあるし、要らないって言えば要らないのかな。さすがにフルサイズに近いキーボードは、格段に打ちやすく、ストロークもしっかりありますので、「ATOK for LifeTouch NOTE」との組み合わせで長文入力もOKなアンドロイドデバイスになりそうですね。
「ATOK for LifeTouch NOTE」は、スペースキーで変換候補が選択できるようになっていると思われますので、Bluetoothキーボードユーザー用に売り出して欲しいっす。

続いて富士通のブースで遊んできました。REGZA Phoneが5台ぐらい展示してあり、お話を伺った方もREGZAを使われていて、スペインで私の黒と見せあいっこwwをしてましたっけ。で、この3台並んでいるREGZA Phoneは実はWiFiで接続されていて、どれか1台で撮影すると他の2台も連動してシャッターを切ります。WACという仕様を使っているそうで、アプリとしてインストールはできないサンプル展示です。マトリックスのような多眼カメラ風な使い方がREGZA Phoneできたりと面白そうです。

(さらに…)

Posted by hiraper 2011/02/17 Android ~2011, LifeTouch NOTE, MWC2011, T-01C コメント (2) 6,247 views