Galaxy Note 5 でhuluバッテリーベンチ

 Galaxy Note 5

 普段、Xperia Z4(SMB)とiPhone 6 Plus(au)、9790(DCM)にこのNote 5(楽天)という4台体制が定番化してきました。Ingressやツムツムを9790以外の3台で使うとわかるのですが、Xperia Z4ではゲームは無理ですね。涼しくなってきたので、発熱はあまり気になりませんが、グラフィック周りがもたつくというか、ワンテンポ遅れるというか、ブラスターを打つタイミングを間違えてしまいます。Note 5ではサクサク動いてくれますね。Ingressの体感的なレスポンスを比較するとNote 5 > iPhone 6 Plus >>>>>>> Xperia Z4という感じでしょうか。ツムツムは、私は初心者なのでよくわかりませんが、皆さんの話を聞いているとiPhone 6やPlusではサクサク動くそうですが、ドコモ版S6 Edgeやau版Note edgeではもたつくそうです。
ところで、Z6では冷却パイプが2本に搭載っていう記事を見かけましたが、発熱=バッテリーの消費ですから、いくら放熱効率を高めても、電池はがんがん減ることには変わりありません。逆に言うと、Z4以上に発熱するから、放熱に力を入れたってことですし、ちょっと心配です。

さて、Note 5でのhuluバッテリーベンチですが、いくつか残念なお知らせがあります。

 

バッテリーベンチの条件

WiFi利用なので、LTEや3Gでの受信より負荷は少ないのですが、受信しながら再生するストリーミングはローカルのデータをループ再生するよりは負荷があります。強制的に負荷を与えるアプリもありますが、電池なんて生き物ですから、ゆっくり・じっくり計測するのが一番なのです。
いつもの通りHuluで24を連続再生ですが、今回はなぜかエピソードが終わっても次のエピソードが始まらず、一時停止&再生という手動作業を延々と続けました、おかげで徹夜です。
輝度は最高、自動調整はオフ、機内モードでWiFiのみON、同期無し、省電力設定は無しです。
また、Note 5はS Penをデバイス内に収納することでPenの機能をオフにできますが、私のNote 5はそのセンサーを壊してしまったため、PEN機能がずっとONになったままでの計測となりました。

結果発表!

note5_battery_bench
S PENがOnのままで9時間13分でした。なかなかできる子です。ディスプレーがやたら明るいこと、サイズが大きいことも含め、かなり優秀です。

過去のデータと合算してみた

 

バッテリー対決!
機種 時間 テスト日 備考
Xperia Z3 4時間55分 15/08/05 UK 内蔵 5.1.1
Xperia Z4 5時間0分 15/08/05 ソフトバンク 内蔵 ※予測値
HTC One (M8) 5時間15分 14/04/20 UK 内蔵
iPhone 6 Plus 6時間15分 14/09/30 Docomo 内蔵
iPhone 6 6時間20分 14/09/30 au 内蔵
honnor6 Plus 6時間22分 15/08/05 楽天 内蔵
LG G3 6時間44分 14/09/30 UK 取り外し可
Xperia Z3 8時間37分 14/09/30 UK 内蔵
GALAXY S5 8時間55分 14/04/20 香港 取り外し可
GALAXY Note 5 9時間13分 15/09/18 台湾、内蔵、※S Pen ON
Xperia Z2 9時間33分 14/04/20 台湾 内蔵
au S6 edge 10時間47分 15/05/22 au 内蔵
ATT Galaxy S6 10時間49分 15/05/22 ATT 内蔵
docomo S6 edge 11時間程度 15/05/22 docomo 内蔵 ※予測値


2015.09.19 Galaxy Note 5


RSS 2.0フィードでこのエントリーの更新情報を取得することができます。
コメントもPingも停止しています。